SAITO IRONING BOARDSAITO IRONING BOARD サイトウ・アイロン・ボード

はじめに

私たちの想い

「サイトウ・アイロン・ボード」とは

商品一覧

お客様の声

ショップ

お問い合わせ

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

横浜・山下町にサロンを構える、オーダーメイドウェディングドレスブランド
『Ever Green Wedding』の代表・ウェディングドレスデザイナーの長嶋千耶子さん。
"Feel Natural"をテーマに、世界にたった一つのドレスを仕立てていらっしゃいます。
そんな日々ドレスとまっすぐに向き合う長嶋さんは、
「サイトウ・アイロン・ボード」の愛用者のお一人。
今回は、ドレス作りのお話や「サイトウ・アイロン・ボード」の
使い心地についてお聞きしました。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

—『Ever Green Wedding』とは、どのようなブランドなのでしょうか?

『Ever Green Wedding』は、自然に囲まれた空間の中で花嫁さまが一番美しく見えるドレスを、という思いで仕立てているオーダーメイドウェディングドレスのブランドです。
もともと、立ち上げの頃から一緒にいるパタンナーと私が二人ともアパレル業界の出身ということもあって、洋服の延長のようなドレスを仕立てるブランドとしてスタートしました。素材はリネンやシルクコットンがメインで、なるべく体を締めつけず、花嫁さまがお式当日を心地よく過ごすことができるドレス作りをしています。2016年からは、より体のラインがきれいに見えるデザインや繊細な刺繍を施したデザインなど、オートクチュールのようなドレスの制作も始めて、一着一着のドレスに思いを込めて丁寧に仕立てています。


—長嶋さんを含めたメンバーのみなさんは、日々どんな思いでドレスを仕立てられているのでしょうか?

サロンへいらっしゃる花嫁さまは、みなさんこだわりを持った方ばかり。どんなドレスを着たいのかはもちろん、招待状からお式の装飾まで明確なイメージをお持ちです。そんなお話をじっくりと一つずつお聞きして、心を込めてお作りしていきます。
私たちが制作の時に大切にしていることは、ドレスを作っている自分自身が楽しんでいるかどうかです。花嫁さまに喜んでもらうドレスを作るためには、作る私たちが楽しまないといいドレスを作ることはできません。私たちの思いや気持ちは、ドレスを通じて必ず花嫁さまに伝わるんです。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。


—そもそもウェディングドレスブランドを立ち上げるきっかけは、何だったのでしょうか?

中学三年生の時に、百貨店で行われていたウェディングドレスの展覧会に行ったことが、最初のきっかけです。それまでは、ウェディングドレスといえばお姫さまのような王道のドレスしか見たことがなかったので、ヨーロッパや日本のブランドのドレスを見て、こんなにも自由で素敵なドレスがあるなんて、と雷に打たれたように衝撃的だったのを覚えています。それで、将来はウェディングドレスを作る仕事をしたい、そんな風に思うようになりました。
さっそく帰り道にスケッチブックと画材を買って、次の日から毎日ウェディングドレスのデザイン画を描いていましたね。その時の展覧会のチケットは今も大切にとってあって、時々思い出しては眺めています。

—サロンがある横浜という街は、「サイトウ・アイロン・ボード」誕生の地でもあります。この土地にサロンを開いた理由は、何かあるのでしょうか?

横浜は、小学生から社会人になるまで過ごした、私にとって縁のある街です。確か中学生の時の遠足だったと思うんですが、サロンがある山下町に来ることがあって。港町独特の雰囲気やレトロな建物が気に入って、将来自分のブランドを立ち上げることになったら、この辺りにアトリエやサロンを構えたいなと思ったんです。高校生になってからは元町でアルバイトを始めて、しょっちゅうこのエリアに遊びに来ていました。まだ借りられもしないのに物件情報を見て、いろいろと想像を膨らませたりして。なので、この場所にサロンを構えることができた時は、本当に嬉しかったです。


—「サイトウ・アイロン・ボード」を購入したきっかけを教えてください。

ドレスを作る時は、どんなに細かな作業でも必ず一工程ごとにアイロンを掛けます。ドレスの作りによって異なりますが、全部で60くらいの工程があります。大変だと思われるかもしれませんが、一工程ごとにアイロンを掛けるのと掛けないのでは、仕上がりが全く違うんです。なので、私たちにとってアイロンとアイロン台は必需品。制作中は、アイロンの電源をずっと入れっぱなしにしていつでも使えるようにしているくらいなんです。
以前は別のアイロン台を使っていましたが、より機能性が高くてコンパクトにたためるアイロン台を探し始めました。そこで、口コミで評価の高かった「サイトウ・アイロン・ボード」を見つけて、思い切って購入しました。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

—以前使っていたアイロン台と比べて、使い心地はいかがですか?

「サイトウ・アイロン・ボード」は、熱を保ちながら余分な蒸気を下から逃してくれる仕組みになっているので、驚くほどあっという間にしわがとれるんです。初めて使った時は、これまでのアイロン台との違いに本当に感動しました。以前は一般的な平面のアイロン台を使っていたんですが、「サイトウ・アイロン・ボード」は表面が曲線になっています。アイロンを滑るように動かすことができて、すーっとスムーズに軽く掛けられるようになったのも、うれしいですね。


—最後に、その他のお気に入りのポイントがありましたら、教えてください。

「サイトウ・アイロン・ボード」の幅の広さが、気に入っています。ウェディングドレスを作るためには大きな生地をたくさん使うので、これまでは生地を何度も置き換えてアイロン掛けをしていました。でも、縦も横も幅が広い「サイトウ・アイロン・ボード」にしてからは生地を置き換えることが少なくなって、寄りじわができることも減りました。
あとは、高さを調節できるところもいいですね。自分の身長に合わせて高さを自由に調節できるので、アイロン掛けが楽になりました。これからも、「サイトウ・アイロン・ボード」を使い続けていくつもりです。そして、花嫁さまのための世界でただ一着のドレスを仕立て続けていきたいと思っています。

Ever Green Wedding   http://www.evergreen-wedding.com

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

横浜・山下町にサロンを構える、オーダーメイドウェディングドレスブランド
『Ever Green Wedding』の代表・ウェディングドレスデザイナーの長嶋千耶子さん。
"Feel Natural"をテーマに、世界にたった一つのドレスを仕立てていらっしゃいます。
そんな日々ドレスとまっすぐに向き合う長嶋さんは、
「サイトウ・アイロン・ボード」の愛用者のお一人。
今回は、ドレス作りのお話や「サイトウ・アイロン・ボード」の使い心地についてお聞きしました。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

—『Ever Green Wedding』とは、どのようなブランドなのでしょうか?

『Ever Green Wedding』は、自然に囲まれた空間の中で花嫁さまが一番美しく見えるドレスを、という思いで仕立てているオーダーメイドウェディングドレスのブランドです。
もともと、立ち上げの頃から一緒にいるパタンナーと私が二人ともアパレル業界の出身ということもあって、洋服の延長のようなドレスを仕立てるブランドとしてスタートしました。素材はリネンやシルクコットンがメインで、なるべく体を締めつけず、花嫁さまがお式当日を心地よく過ごすことができるドレス作りをしています。2016年からは、より体のラインがきれいに見えるデザインや繊細な刺繍を施したデザインなど、オートクチュールのようなドレスの制作も始めて、一着一着のドレスに思いを込めて丁寧に仕立てています。


—長嶋さんを含めたメンバーのみなさんは、日々どんな思いでドレスを仕立てられているのでしょうか?

サロンへいらっしゃる花嫁さまは、みなさんこだわりを持った方ばかり。どんなドレスを着たいのかはもちろん、招待状からお式の装飾まで明確なイメージをお持ちです。そんなお話をじっくりと一つずつお聞きして、心を込めてお作りしていきます。
私たちが制作の時に大切にしていることは、ドレスを作っている自分自身が楽しんでいるかどうかです。花嫁さまに喜んでもらうドレスを作るためには、作る私たちが楽しまないといいドレスを作ることはできません。私たちの思いや気持ちは、ドレスを通じて必ず花嫁さまに伝わるんです。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。


—そもそもウェディングドレスブランドを立ち上げるきっかけは、何だったのでしょうか?

中学三年生の時に、百貨店で行われていたウェディングドレスの展覧会に行ったことが、最初のきっかけです。それまでは、ウェディングドレスといえばお姫さまのような王道のドレスしか見たことがなかったので、ヨーロッパや日本のブランドのドレスを見て、こんなにも自由で素敵なドレスがあるなんて、と雷に打たれたように衝撃的だったのを覚えています。それで、将来はウェディングドレスを作る仕事をしたい、そんな風に思うようになりました。
さっそく帰り道にスケッチブックと画材を買って、次の日から毎日ウェディングドレスのデザイン画を描いていましたね。その時の展覧会のチケットは今も大切にとってあって、時々思い出しては眺めています。

—サロンがある横浜という街は、「サイトウ・アイロン・ボード」誕生の地でもあります。この土地にサロンを開いた理由は、何かあるのでしょうか?

横浜は、小学生から社会人になるまで過ごした、私にとって縁のある街です。確か中学生の時の遠足だったと思うんですが、サロンがある山下町に来ることがあって。港町独特の雰囲気やレトロな建物が気に入って、将来自分のブランドを立ち上げることになったら、この辺りにアトリエやサロンを構えたいなと思ったんです。高校生になってからは元町でアルバイトを始めて、しょっちゅうこのエリアに遊びに来ていました。まだ借りられもしないのに物件情報を見て、いろいろと想像を膨らませたりして。なので、この場所にサロンを構えることができた時は、本当に嬉しかったです。


—「サイトウ・アイロン・ボード」を購入したきっかけを教えてください。

ドレスを作る時は、どんなに細かな作業でも必ず一工程ごとにアイロンを掛けます。ドレスの作りによって異なりますが、全部で60くらいの工程があります。大変だと思われるかもしれませんが、一工程ごとにアイロンを掛けるのと掛けないのでは、仕上がりが全く違うんです。なので、私たちにとってアイロンとアイロン台は必需品。制作中は、アイロンの電源をずっと入れっぱなしにしていつでも使えるようにしているくらいなんです。
以前は別のアイロン台を使っていましたが、より機能性が高くてコンパクトにたためるアイロン台を探し始めました。そこで、口コミで評価の高かった「サイトウ・アイロン・ボード」を見つけて、思い切って購入しました。

アイロン掛けにこだわるなら、アイロン台からこだわりを。

—以前使っていたアイロン台と比べて、使い心地はいかがですか?

「サイトウ・アイロン・ボード」は、熱を保ちながら余分な蒸気を下から逃してくれる仕組みになっているので、驚くほどあっという間にしわがとれるんです。初めて使った時は、これまでのアイロン台との違いに本当に感動しました。以前は一般的な平面のアイロン台を使っていたんですが、「サイトウ・アイロン・ボード」は表面が曲線になっています。アイロンを滑るように動かすことができて、すーっとスムーズに軽く掛けられるようになったのも、うれしいですね。


—最後に、その他のお気に入りのポイントがありましたら、教えてください。

「サイトウ・アイロン・ボード」の幅の広さが、気に入っています。ウェディングドレスを作るためには大きな生地をたくさん使うので、これまでは生地を何度も置き換えてアイロン掛けをしていました。でも、縦も横も幅が広い「サイトウ・アイロン・ボード」にしてからは生地を置き換えることが少なくなって、寄りじわができることも減りました。
あとは、高さを調節できるところもいいですね。自分の身長に合わせて高さを自由に調節できるので、アイロン掛けが楽になりました。これからも、「サイトウ・アイロン・ボード」を使い続けていくつもりです。そして、花嫁さまのための世界でただ一着のドレスを仕立て続けていきたいと思っています。

Ever Green Wedding   http://www.evergreen-wedding.com